ニャるほど、トルコ美術史

トルコ美術史の紹介。歴史を知れば、もっと楽しくなる!

小説『シナン』が面白い(2)

f:id:hako-hana:20180204212401p:plain
トルコ美術史において重要な人物として建築家シナンがいます。シナンを描いた日本の小説に夢枕獏著の『シナン』があります。この小説が本当に面白かったためブログで紹介したいと思います。小説『シナン』に出てくる場所、建築物を写真や地図を用いて紹介します。夢枕獏氏の素晴らしい文章から想像するイメージの役立てれば幸いです。

※ 今回は、第2章、第3章、第4章について紹介します。

 

 

小説『シナン』の基本情報(おさらい)

現在、中公文庫から上巻と下巻の2冊が販売されています。

 

この本ではシナンは1488年に生まれ、1588年まで生きたとされています。1588年まで生きたのは事実です。しかし生まれた年は正確にはわかっておらず、1494年〜1499年頃とされています。

いずれにせよ長生きして、第9代スルタンのセリム1世、第10代スルタンのスレイマン1世、第11代スルタンのセリム2世、第12代スルタンのムラト3世と、オスマン帝国最盛期のスルタンに仕えました。この本では第10代スルタンのスレイマン1世に仕えた時代を中心に、当時巨大な聖堂である「聖ソフィア」よりも大きなモスク(ジャーミー)を建てることに挑戦した建築家シナンの話です。

f:id:hako-hana:20180203215620p:plain 写真引用:Mimar Sinanın Hayatı | Mimar Sinan 

第2章 聖ソフィア

現在の聖ソフィアは3代目です。1代目と2代目の聖ソフィアは焼失してしまい、537年に3代目の聖ソフィアが完成しました。

f:id:hako-hana:20180206212345p:plain 写真引用:Photo Gallery | Hagia Sophia Museum

 

f:id:hako-hana:20180206215057j:plain 写真引用:Hagia Sophia - Wikipedia

第2章ではイスタンブールという土地の歴史、そして聖ソフィアの歴史について書かれています。 

第3章 イェニチェリ

イスタンブールに着いたシナン。イェニチェリになるために新人の軍団に入りました。 

第3章の読みどころは、聖ソフィアに初めて行ったシナンと、皇子のスレイマン1世との出会いです。 

f:id:hako-hana:20180206220042p:plain 写真引用:Photo Gallery | Hagia Sophia Museum

f:id:hako-hana:20180206220439p:plain 写真引用:Ayasofya - Vikipedi

f:id:hako-hana:20180212190716p:plain

第4章 オスマン帝国

シナンイスタンブールに入った1512年はセリム1世がスルタンになった年でした。 

第4章はセリム1世の治世について書かれています。セリム1世は「冷酷者(ヤヴズ)」と呼ばれ、在位期間は1520年までの8年間でしたが恐怖政治の治世でした。セリム1世はこの8年間に2つの大きな仕事をしました。それはイラン遠征とエジプト遠征です。シナンはこの遠征にイェニチェリとして参加しました。

f:id:hako-hana:20180212183748p:plain 写真引用:Googleマップを加筆

これらの遠征で豪奢な写本を手にいれ、その後のオスマン美術の基礎となる画家や職人をトプカプ宮殿の工房に迎え入れました。

 

 

 

 

(つづく)

 

このブログの関連記事

turk-art.hatenablog.com

 

このブログのキャラクターのLINEスタンプ販売中 〜遊牧民オスマン〜