ニャるほど、トルコ美術史

トルコ美術史の紹介。歴史を知れば、もっと楽しくなる!

*書籍情報*『明治の男子は、星の数ほど夢を見た。 オスマン帝国皇帝のアートディレクター 山田寅次郎』

f:id:hako-hana:20171005221050p:plain

オスマン帝国に日本美術を紹介した人物でもある「山田寅次郎」の書籍が10月31日に発売されます。

 トルコにおける日本美術については以前記事として書きました。

turk-art.hatenablog.com

この記事の中で「山田寅次郎」という人物の名前を紹介しました。

山田寅次郎に関しては、2015年から2016年にワタリウム美術館で「山田寅次郎研究会」が開催されていました。この研究会の内容を含めた一冊『明治の男子は、星の数ほど夢を見た。 オスマン帝国皇帝のアートディレクター 山田寅次郎』が10月31日に発売されます。

山田寅次郎という人物をじっくりと知ることのできる一冊だと思います。

 

 

楽天ブックスからの情報↓

【内容情報】(出版社より)

激動の時代を生きるとは、人より多くの夢を見ること。 オスマン帝国軍エルトゥールル号遭難事件の義捐金活動をきっかけに、日本とトルコの友好の礎を築いた山田寅次郎。民間外交官、実業家、茶道家元、そしてオスマン帝国皇帝のアートディレクター。奇才希な男の生涯を実孫がひもとく。

祖父は山田寅次郎

山田寅次郎 ヒストリー&キーワード

山田寅次郎の家系図ーー武家、茶家、商家の系譜

1 義心 1866~1890

01 “山田”寅次郎の誕生

02 18歳、志あり。薬学校は出たけれど…

03 寅次郎式・出版ビジネスで大ヒット!

04 男子たるもの、3カ国語をマスターせよ

05 幸田露伴の小説のモデルに

06 「義心」のつまった義捐金

 ・日土交流の主な出来事

◎潜水服は、宇宙服ーー「潜水夫番付表」が解き明かす、青年・寅次郎の飛躍  一木一郎

2 トルコ愛 1890~1905

07 『土耳古畫觀』--寅次郎が見たありのままのオスマン帝国

 ・「土耳古の名水」に書かれた、オスマン帝国の日常生活

08 オスマン帝国皇帝のアートディレクター

09 寅次郎の人生を支えた中村家

10 貿易商寅次郎、ルーマニアで災難に遭遇

11 大日本帝国のミッション、ロシア艦隊の監視メモ

12 新説・寅次郎の帰国年ーー伊東忠太と交わしたハガキより

◎曇りなき目で、イスラム世界を観る --山田寅次郎土耳古畫觀』再考  ヤマンラール水野美奈子

◎特別報告:山田寅次郎の『土耳古畫觀』の土耳古観と、土耳古の中に見つめた日本の姿  セルチュク・エセンベル

3 四方の夢 1905~1957

13 日本初のシガレットペーパー製造会社を創業

 ・ナポレオンのエジプト遠征と「ライスペーパー」の由来

14 遅れてきた家元、茶道流儀を革新

 ・「海外文化と茶の湯」に見る、寅次郎の文化観

15 浦島太郎の寅次郎

16 晩年のトルコ的日常と、最期の夢

 ・寅次郎流・長寿の三原則ーーラジオ放送「『老人の日』と長寿の話」より

17 終の住処は「鳩屋敷」

 ・記憶の中の寅次郎

18 はじまりは、父の書斎ーー異世界につながるドアを開くと

 ・大阪の家の思い出

◎その友情、まるでLINEの如くーー建築史家・伊東忠太の心を支えた寅次郎の絵ハガキ  倉方俊輔

◎特別寄稿:寅次郎後の山田家ーー革新の遺伝子を継承  十一世山田宗徧

あとがきにかえてーー思いがけないトルコ再訪

参考文献 付録:小説の中の寅次郎

 ・幸田露伴著「酔狂期」

 ・幸田露伴著「書生商人」