ニャるほど、トルコ美術史

トルコ美術史の紹介。歴史を知れば、もっと楽しくなる!

スルタンの玉座は持ち運び可能?

f:id:hako-hana:20170419120017p:plain

RPGなどのゲームで王様が出てくると、立派な椅子に座っています。王様が座る椅子を玉座(ぎょくざ)と言います。

オスマン帝国のスルタンの玉座(タフトゥ taht)はどのようなものだったのでしょうか。

 

 

スルタンの玉座は持ち運び可能だった

スルタンの玉座は、宮殿にどっしりと据え置かれているものではなく、組み立て式の持ち運び可能なものでした。

それはトルコ民族は遊牧民族だったため、どこへでも移動できるという伝統が根付いていました。最初の頃はテントに玉座が設けられていました。

また、スルタンは世俗的な支配者です。イスラームではアラー以外は身分的には平等です。そのため人前に出る(現れる)ことが当たり前でした。支配者がいる場所、つまり玉座が置かれる場所が国家の中心という考えでした。

f:id:hako-hana:20170419214528p:plain 写真引用:I. Süleyman - Vikipedi

 

イスラーム世界の玉座の歴史

イスラーム世界で椅子の形式の玉座が用いられたのはウマイヤ朝(651-750年)の末期からと考えられています。東地中海地域のキリスト教文化の影響で椅子の形式の玉座が用いられるようになりました。それまでは座布団に座していました。

その後、イスラーム世界にモンゴル民族が進出し、イスラーム王朝を建てると、中国式の椅子の玉座が用いられるようになり、その影響を強く残しました。

f:id:hako-hana:20170419215529p:plain 写真引用:Ilkhanate - Wikipedia

なお、モンゴル民族は最初チベット仏教でした。上記の写真のように男女混合の考えがありました。その後イスラームに改宗しました。中国式の玉座は観音開きのようになっています。

中国式の影響を強く残したことものに、玉座に描かれているモチーフです。龍、雲、鳳凰、宝珠などのモチーフが描かれています。オスマン帝国では「チンテマニー」という宝珠紋が描かれています。

f:id:hako-hana:20170419221904p:plain 写真引用:「オリエントの文様」植物文様の図版

↓写真を拡大。まるが3つのこのモチーフがチンテマニーです。

f:id:hako-hana:20170419222222p:plain

スルタンの玉座では座り方に定めはなく、あぐらをかいたり、片足を立てたり、現在の私たちが椅子に座るような足を下に揃える など様々です。

 

トプカプ宮殿の玉座

コンスタンティノープルを征服した第7代スルタンのメフメト2世は、「ヤサ」と呼ばれる民法のようなものに「イスラム教の祭日(バイラム)には、(トプカプ宮殿の)ディヴァン広場に玉座を据えて臨席すべきことがわが命なり」という条項を定めました。

ディヴァン広場(第2の中庭)の至福門の前に玉座を置き、スルタンたちが祭日を祝い、参賀の者を接見するという伝統がオスマン帝国末期まで続きました。 なお、至福門は下記の図の③です。

f:id:hako-hana:20170213181230p:plain写真引用:Little Known Ways to Make the Most of Topkapi Palace – Part 2

トプカプ宮殿には次の玉座が展示されています。

■ムラト3世の黄金の玉座(バイラムの玉座)

f:id:hako-hana:20170420222611p:plain 写真引用:Imperial Treasury | Topkapı Palace Museum Official Web Site

■アフメト1世の玉座 

螺鈿装飾は、ブルーモスクの建築家でもあるメフメド・アーによるものです。

f:id:hako-hana:20170420223608p:plain 写真引用:Discover Islamic Art - Virtual Museum - object_isl_tr_mus01_a_40_en

■マフムート1世の玉座

インド製。イランのアフシャール朝の初代皇帝ナーディル・シャーがマフムート1世の贈呈したもの。

f:id:hako-hana:20170420224727p:plain 写真引用:Taht Nedir Ne Demektir? - Laf Sözlük

 

まとめ

オスマン帝国の玉座は、イスラーム世界の椅子の形式の玉座が用いられました。それは中国式の椅子の玉座の影響が残っていて、遊牧民族の名残として持ち運び可能の組み立て式です。玉座は部屋に設けられるものではなく、スルタンの居る場所に置かれました。

 

体感できる場所

トルコ

トプカプ宮殿

豪華なスルタンの玉座がいくつか展示されています。

■現地オプショナルツアー

24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA :現地オプショナルツアーが多数あるウェブサイトです。イスタンブールをガイド付きで回るのにオススメです。ちなみに検索時は「ヨーロッパ」カテゴリにトルコはあります。  

日本

■ネットショップ

スルタンの玉座をイメージしたアクセサリーです。

www.topkapi-kilim.jp

 

参考

講義

  • ヤマンラール水野美奈子『オスマン帝国の華』第1回(2017年4月15日) @ユヌス・エムレ インスティトゥート東京

書籍

  • 護雅夫監修『トプカプ宮殿博物館 宝物館』:貴重な写真と丁寧な解説付き。宝物館の部屋ごとに作品が紹介されています。(Amazonでは見つかりませんでしたが、大きい図書館に行くとあります。

楽天に中古がありました。

トプカプ宮殿博物館 全5巻【中古】

価格:61,800円
(2017/10/9 17:47時点)
感想(0件)

トプカプ宮殿博物館 全五巻概論一冊【中古】

価格:48,800円
(2017/10/9 17:48時点)
感想(0件) 

ウェブサイト

 

 

トルコ語LINEスタンプ発売中 〜花屋のハナコちゃん(トルコ語)〜