ニャるほど、トルコ美術史

トルコ美術史の紹介。歴史を知れば、もっと楽しくなる!

この人だけは絶対に知ってほしい!建築家シナン

f:id:hako-hana:20170204183845j:plain

トルコに行くと、お椀を反対にしたような屋根に、鉛筆が何本か立てられているような形の建物を見ます。

初めて見ると、何だかとても不思議な建物です。

この建物はモスク(トルコ語ではジャーミー)と言います。

 

このジャーミーの建築で有名な人がいます。それはシナンです。

 

 

シナンとは何者か

建築家シナンは、書籍などではよく「ミマール・シナン」と書かれています。

「ミマール」は建築家という意味であり、尊称です。

 

シナンは、1494〜1499年頃に生まれ、1588年に亡くなりました。90歳くらいまで生きたという、長生きな人です。

そのため、セリム1世、スレイマン1世、セリム2世、ムラト3世というオスマン帝国最盛期の4代のスルタンに仕えました

 

シナンはもともとはキリスト教徒でした。

デヴシルメというオスマン帝国の徴収制度で徴収され、イスラームになり、イェニチェリ軍団というスルタン直属の近衛歩兵に入りました

f:id:hako-hana:20170209205527p:plain写真引用:イェニチェリ - Wikipedia

 

イェニチェリ軍団では、スレイマン1世の遠征に同行し、橋や船など戦場での建設を行いました。

その間の建設が評価され、1537年頃に宮廷工房の建設部長官に任命されました。

シナンが宮廷工房を拡張し、工房内を細分化して組織化したと言われています。

 

シナンの偉業は、イスタンブールを中心にオスマン帝国領域内で400以上の建造物を建設したことです。

ただ単に数多く建造物を作ったのではなく、オスマントルコ美術の基礎を作り、新しいことにチャレンジしました。 

 

トルコで当たり前に見るジャーミーのかたち

シナンで絶対に知ってほしいことの一つは、アヤ・ソフィアを超える大ドームのジャーミーを作ったことです。

 

アヤ・ソフィアは537年に完成しました。

1453年にメフメト2世がコンスタンティノープルを征服しましたが、アヤ・ソフィアの直径31メートルを超えるドームをオスマン帝国は作ることが出来ませんでした。

 

シナンが晩年に近い年齢の時、1575年にエディルネのセリミエ・ジャーミーが完成しました。

直径32メートルのドームで、やっとアヤ・ソフィアを超える大ドームが出来ました。

f:id:hako-hana:20170209213240p:plain写真引用:セリミエ・モスク - Wikipedia

 

シナンが作ったオスマントルコ美術の基礎とは、ジャーミーのミナレット(尖塔)、ミフラーブ(礼拝の方向を示す壁龕)、ミンバル(説教壇)などの諸建築要素を確立しました。

ジャーミーの外観、つまりバランス(比率的な数値)を見れば、オスマン帝国が建てたジャーミーとわかるようになっています。

 

シナンは、ジャーミーを中心に小さな町を作りました。

キュッリイェ(モスク集合体)といわれるもので、ジャーミーを中心に、メドレセ(高等教育機関)、病院、療養所、霊廟、公共食堂、台所、図書館、ハマム(公衆浴場)、バザール、キャラバン・サライ(隊商宿)などを付随させた総合施設を普及させました。

 

トルコで当たり前に見るジャーミーのかたち 〜 外観、ジャーミー内の構成要素、キュッリイェ、大ドーム 〜 はシナンが作りました。

f:id:hako-hana:20170212185612p:plain

 

作品

イスタンブールを観光した時に見る建築物の一部です。

リンク先は3Dで内部を見ることができるウェブサイトです。

 

体感できる場所

トルコ

スレイマニエ・ジャーミー

イスタンブールでの最高傑作はこのジャーミーです。

■セリミエ・ジャーミー

 エディルネにある建築家シナンの最高傑作のジャーミーです。

 

日本

東京ジャーミイ・トルコ文化センター

建築家シナンが築いたオスマン帝国のジャーミーの特徴を感じます。内部もとても美しいです。

f:id:hako-hana:20170304211826p:plain 写真引用:東京ジャーミイ - Wikipedia

 

参考

講座

  • ヤマンラール水野美奈子『トルコ美術のパトロンと巨匠たち』第9回(2017年1月14日)@ユヌス・エムレ インスティトゥート東京

書籍

  • 夢枕獏シナン』上・下:建築家シナン歴史小説。神の考え方、モスクの在り方などがなるほどと思いました。面白く読めます。
  • 小田陽一、増島実『イスタンブールが面白い』:写真が多く、タイルやモザイクも大きく掲載してあり、見ているだけでも楽しくなる一冊。 

 

 

トルコ語LINEスタンプ発売中 〜花屋のハナコちゃん(トルコ語)〜