ニャるほど、トルコ美術史

トルコ美術史の紹介。歴史を知れば、もっと楽しくなる!

トルコ美術はイスラム芸術の一種だけど、トルコ民族の美術

f:id:hako-hana:20170131173327j:plain

トルコのお土産物のタイルや絵皿、絨毯には美しい植物文様や幾何学文様が描かれています。

トルコでの旅行の時に見たモスクの内部も美しく綺麗な文様が描かれています。

 

イスラームだから、植物文様や幾何学文様で装飾されいるのでしょうか?

 

 

イスラームは生物描写をしてはいけないが・・・

イスラーム聖典コーラン』には、偶像崇拝の禁止が記載されています。

それは、神(アッラー)には形がないからです。

 

ムハンマドの言行録『ハディース』には、生物描写の回避が記載されています。

 

おや、トルコのモスクの内部は植物文様が多いですよね?

 

モスクの壁には綺麗なお花のタイルがあったり、

f:id:hako-hana:20170131182603p:plain 写真引用:Rüstem Pasha Mosque - Wikipedia

 

絨毯にお花が描かれています。 

f:id:hako-hana:20170131183040p:plain 写真引用:Selimiye Mosque - Wikipedia

 

歴代のスルタンの肖像画があったり、

f:id:hako-hana:20170131183810p:plain 写真引用:メフメト2世 - Wikipedia

 

意外と人物画が多かったりしますよね?

f:id:hako-hana:20170131183944p:plain 写真引用:Mimar Sinan - Wikipedia

 

植物も人物も「生物」だと思いますが、トルコ美術には多く描かれています。

イスラームでは禁止しているのでは???

 

 

トルコ民族を知れば、何かわかるかも

トルコ民族は、今のトルコの土地にもともといたのでしょうか?

 

日本人は歴史的には農耕民族であるため、忘れてしまう民族があります。

それは「遊牧民族」。

 

トルコ民族はモンゴル高原中央アジアにいた遊牧騎馬民族です。

モンゴル高原中央アジアから、今のトルコまで民族移動したのです。

 

中国の史料に出てくる「匈奴」(紀元前3世紀〜紀元前1世紀)がトルコ民族(テュルク系民族)ではないかと言われています。

 

紀元前3世紀から長い時間をかけて、モンゴル高原中央アジアから西へ西へと民族移動しました。

f:id:hako-hana:20170201110324p:plain

 

 その間に様々な宗教に出会いました。

モンゴル高原にいた時代、大半のトルコ系遊牧民は、シャマニズムの熱心な信者であった。シャマニズムというのは北アジアからシベリアにかけて広がる多神教的な呪術宗教のことである。

 

坂本勉『トルコ民族主義』p70

 

トルコ民族はもともとシャマニズムの信者でした。

民族移動の中、トルコ民族はシャマニズムの要素も持ちつつも、仏教やマニ教に触れ、そしてイスラームへと改宗しました。

(トルコ民族のイスラームへの改宗は、10世紀のカラ・ハン朝の時代に行われました)

f:id:hako-hana:20170201130305p:plain

 さて、改宗するというと、私たち日本人は前の宗教を捨てて、新しい宗教にガラリと変えるイメージがあります。

しかし、イスラームにはスンニ派シーア派と様々な宗派があります。

トルコ民族にとって受け入れやすい宗派から改宗しました。特にスーフィズムイスラーム神秘主義)はシャマニズムに近いものがあったようです。

 

トルコ美術は、トルコ民族の美術

トルコ民族は先祖崇拝する傾向があったようです。また、もともとの宗教のシャマニズム。

民族移動によって、様々な宗教や国に触れる機会が多かったです。

そのため、トルコ美術の「形」としての表現は、以下があります。

  • シャマニズムの要素:神の依代、獣頭人身、樹木、鳥 など
  • 伝承から生じた概念:光、返信、生命の木 など
  • 先祖崇拝:彫刻の製造
  • マニ教肖像画 ※マニ教は絵画を用いて布教
  • 仏教:繧えん技法、円光 など

 また、中国文化の影響を受けて、十二支、霊獣、扶桑 なども表現しています。

 

 イスラームに改宗したので、トルコ美術はイスラム芸術の要素を持っていますが、トルコ民族独自の美術を保っています

 

イスラームでは生物描写の回避が記載されているにかかわらず人物や植物が描かれているのは、トルコ民族がもともと持っている表現方法だからです。

 

メモ

■オルホン碑文

1889年フィンランド人のヘイケルが、バイカル湖南のオルホン川領域で発見。

1893年デンマーク言語学者のトムゼンが解読。

建立の時期は730年代で、トルコ語突厥語)で記されている。自らの言葉で記録を残すことの少なかったトルコ民族の言語資料の中で最も古いもの。

 

体感できる場所

トルコ

 ■グランドバザール

雑貨、食品、アクセサリーなど何でも売っている場所。トルコ美術のデザインが多くあります。

日本

■ネットショップ (実店舗あり)

【楽天市場】ガラタバザール(キリム&雑貨):タイル額 :人物を描いた細密画や植物文様のタイル額のリンク先です。トルコ美術の特徴がわかります。ぜひウェブサイトをご覧ください。

 

参考

講義

  • ヤマンラール水野美奈子『トルコ美術の見どころ入門』第1回(2016年4月9日)、第2回(2016年4月23日)@ユヌス・エムレ インスティトゥート東京 

書籍

  • 坂本勉『トルコ民族主義』:トルコ"民族"を知ることができる入門書
  • 大島直政『遊牧民族の知恵』  :トルコ民族のルーツである「遊牧民族」と日本人のルーツである「(純)農耕民族」について知ることができる本
  • 森薫乙嫁語り』:最近の漫画で遊牧民族と定住民族の話といえばこの作品が有名

 

 

 

トルコ語LINEスタンプ発売中 〜花屋のハナコちゃん(トルコ語)〜