読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャるほど、トルコ美術史

トルコ美術史の紹介。歴史を知れば、もっと楽しくなる!

*イベント情報* 6/3 日本トルコ交流協会『イスラーム世界と日本を結んだ男 -アブデュルレシト・イブラヒムの足跡をたどって-』

f:id:hako-hana:20170315214854p:plain

このブログとは直接的には関係ない講演会ですが、聞いてみると面白いと思うのでご紹介します。

 

続きを読む

スルタンの玉座は持ち運び可能?

f:id:hako-hana:20170419120017p:plain

RPGなどのゲームで王様が出てくると、立派な椅子に座っています。王様が座る椅子を玉座(ぎょくざ)と言います。

オスマン帝国のスルタンの玉座(タフトゥ taht)はどのようなものだったのでしょうか。

続きを読む

*イベント情報* 5/5〜7 みなとみらい『トルコ細密画作品展10 細密画とエブル』

f:id:hako-hana:20170315214854p:plain

5月5日〜7日にクロスパティオ緑のギャラリー(最寄駅みなとみらい線みなとみらい駅、JR/市営地下鉄桜木町駅)で『トルコ細密画作品展10 細密画とエブル』が開催されます。

 

f:id:hako-hana:20170411214942p:plain 写真引用:Yunus Emre Enstitüsü on Twitter: "細密画の先生が主宰する“トルコ細密画と文化史の会”の作品展が開催されます。

是非この機会にお出かけください。 https://t.co/tpAPSu8rq0"

 

続きを読む

当時の美人?シャー・クルのペリ

f:id:hako-hana:20170405155422j:plain

いつの時代も、絵画には美しい女性を描いた美人画があります。西洋では神話や宗教などを主題に女性を描いたもの、中国では仕女図(しじょず)、 日本では浮世絵の美人絵(びじんえ)などがあります。

 

オスマン帝国ではどのような絵画が「美人」として描かれていたのでしょうか?

続きを読む

*講座情報*4月から開講『トルコの美術と文化 第3期オスマン帝国の華』

f:id:hako-hana:20170330235448j:plain

このブログの内容の参考にしている講座であるトルコ美術史の新しい講座が4月から開講されます。

続きを読む

トルコ民族がついに辿り着いた!ビザンティン帝国の地

f:id:hako-hana:20170201130305p:plain

トルコ民族は、いつ、今のトルコ共和国に位置するアナトリア半島バルカン半島に来たのでしょうか。

もともと、トルコ民族はモンゴル高原中央アジアにいた遊牧騎馬民族でした。それが西へ西へと民族移動をして、宗教はシャマニズムからイスラームに変わっていきました。

アナトリア半島東ローマ帝国が力を持っていましたが、トルコ民族はどこで接触したのでしょうか。

続きを読む

結局のところ、ジャーミイ(モスク)は何なのか

f:id:hako-hana:20170316213525j:plain

ツアーで旅行をすると有名なところに連れて行ってくれます。ガイドさんの話をよく覚えていればいいのですが、目の前のものの印象が強すぎて、後日振り返ると「あの建物は何のためのものだっただろうか?」と思う時があります。

 

トルコやイスラームの国の観光でよく行く「ジャーミイ(モスク)」。日本では見ない不思議な建物で印象に残ると思います。

ところで、結局のところ、ジャーミイは何なのかでしょうか。

続きを読む